ハリネズミの隠れ家・お家(ハウス)・寝袋の選び方

ハリネズミは狭い場所や暗い場所が大好きです。そのため、飼育ケージの中にハウスを用意してあげるのがいいでしょう。ハリんちでも何種類かのハウスを使っていますので、ここで紹介します。

基本的には寝袋ではなくハウスがオススメ

いきなりですが、ハリネズミの寝床としては基本的に寝袋よりもハウスのほうがいいと思います。
その子の性格によりますが、寝袋を使った場合に起こる可能性があることをお知らせします。

  1. 外界からの刺激をシャットアウトしすぎてしまい、時間感覚が狂う
  2. 同じ理由で人間と距離を縮めるタイミングが減ってしまう
  3. 同じ理由で人間からスキンシップを取ろうと寝袋の中に手を入れたりすると不意を突かれ不機嫌になることがある
  4. 気持ちよすぎるのか、運動量が減ってしまう

使っていても問題ない子もいますが、上記は過去にハリんちで経験しており、寝床としてはハウスを用意するのが無難、と考えています。

ハリネズミののぞいて安心ハウス(マルカン)


※屋根を外して利用しています(理由は下に書きました)。
サイズ:165×260×150mm
参考 ハリネズミののぞいて安心ハウスマルカン

このハウスのポイント
  1. 商品名にあるように、屋根のサイドにあるつまみを上に持ち上げると、屋根の半分が開きます
  2. 片側には出入り口のアーチ状の穴(高さ約100×幅90mm ※各最大値)が、反対側にはコードが通せる小さい穴が開いています。
出入り口用の穴のいちばん広い所の幅がとびばこハウスよりも約5mm小さいのですが、いちばん高い所が約20mm高いぶん、同じまた、寒い時期に保温グッズを使う方は電源コードを通すようの穴が開いているので便利そうです。

天井から顔チラッ。

それまでも夜中にハウスの屋根に登っていたのは気づいていたのですが、暑くなってきて、屋根を開けっぱなしにするようになって、しばらくして屋根中央の結合部から片方が外れ屋根がズレていて、ハメて直しても翌朝にはまた外れ、が続きいつの間にか屋根の半分が全部取れていました。以後、自分で体位置を調整したようで、反対側のコードの穴が開いている壁寄りを居場所にしたようです。個人的な感想ですが、天井が開いていると顔を見られる機会が多いように思います。

ハリんちSHOPオンライン、および大阪中崎町「ハリネズミバー ハリんち」併設のハリんちSHOP実店舗の両方で販売しています。
こちらから直接オンラインで購入可能です。


オンラインSHOPで全商品を見る

ペットナチュラルバー Mサイズ(サカイペット産業)


サイズ:幅180mm×長さ350mm
ポプラ材をいかだのように13本程度並べてワイヤー2本を通してつないだ、曲げて形をつくれるタイプのハウスです。LMSの3サイズあって、どれにもハリネズミ用という記載はないのですが、Mサイズがちょうどいいサイズです。

ワイヤーが2本入っています

けっこうぐにゃぐにゃにできます

まっすぐにもできます

このハウスのポイント
  1. 半円状に曲げてスタンダードなハウスとして使うと、登って降りて遊びます。
  2. 平たくしてスロープとして使うこともできるので、ケージ内のレイアウト用品としても使えます。
  3. 使い込むと少し毛羽立ちます(このページに掲載しているのは2年近く使用しているもので、よく見るとケバがあります)。

中に入るとこんな感じです

このハウスに限らず、ハリネズミは夜テンションが上がってくると、多くの子がハウスの登り降りをしたがるようで、いい運動器具になります。
ちなみに、登り降りを繰り返して朝を迎えると、うんちがついていたりしますが、洗剤で洗って水気をとり、1~2時間乾かせばとりあえずケージに戻せます。

ハリんちSHOP実店舗で販売しています
ペットナチュラルバー Mサイズは大阪中崎町「ハリネズミバー ハリんち」併設のハリんちSHOPで、1,500円(税込)で販売しています。
ハリネズミ飼育用品販売・オリジナルグッズ販売

とびばこハウス S(三晃商会)


※天井板を外して利用しています(理由は下に書きました)。
サイズ:W95×D130×H75mm
参考 とびばこハウス S三晃商会

このハウスのポイント
  1. とびばこの形がなんともかわいらしく、両サイドにアーチ状の穴(高さ約80×幅95mm ※各最大値)が開いていてトンネルになっているので、どちら側からでものぞけます
  2. 小さい時やあまり大きくないハリネズミにはいいですが、成長後ちょっとぽっちゃりさんになったハリネズミだと、Sではアーチ状の穴がすこし窮屈そうです。
両サイドからのぞけるようになっていますが、ケージに設置する時、できるだけケージを広く使いたいとハウスをコーナに寄せて設置することが多いと思います。そうすると、片方の穴がケージの壁面でふさがるので、いつも、おしりしか見えていないという場合も。

シャイな子も天窓から顔を見せてくれます。

ハリんちのシャイなハリネズミがとびばこハウスを使った時に、いつも後ろ姿しか見えないのが残念で、“上に穴があったら少しは顔が見えるかな?”と天窓を作ることに。木工用こぎりで切り、天井に穴を開けました。壁面と天井板の接着がしっかりして完全に切り取るのが思ったより大変だったのと、素人加工なので断面がキレイではありません。シャイなハリネズミもこの天窓のおかげで、時々頭を出して顔を見せてくれるようになりました。

とびばこハウス、とびばこパン、三太郎くん。

ハリネズミベッド(三晃商会)


サイズ:約220×260mm
参考 ハリネズミベッド三晃商会 SANKOから発売している寝袋なので期待したのですが……。

この寝袋のイマイチなポイント
  1. 口が閉じているのでハリネズミちゃんは穴が開いていると気付かない場合があります。
  2. サイズが大きめなので、ケージの中で場所を取ります
  3. 外側も起毛しているので、床材が貼り付いたら取るのが大変です。
というわけで、あまりオススメできません。特に口が閉じているのはやっかいで、開いているように見せるため、中にヘチマトンネルを入れて膨らませてみたものの、入ったあとヘチマを外に出してしまうとまた口は閉じてしまうという…。

自家製寝袋

夏用の薄手寝袋


サイズ:約240×180×直径130mm
素材(右):生地/綿100%、ワイヤー
素材(左):生地/綿100%、キルト芯/ポリエステル、ワイヤー

冬用のフリース寝袋


サイズ(右):約230×220×直径160mm
サイズ(左):約200㎜×200㎜×直径130㎜
素材:生地/ポリエステル100%(フリース)※形は上記と同じ

くりぬきトンネル(L)(三晃商会)※生産終了品


サイズ:径150×長300mm

このハウスのポイント
  1. Lサイズは大きいのでMサイズがいいかもしれません(未テストです)。
  2. 天井の穴から顔を出すのがかわいいです。
いろいろな種類のハウスをテストしているときに購入してみたもので、SMLと3サイズ展開していますが、テストしたのはLサイズのみです。

このLサイズ、「シャトルマルチ70」を使っても大きく場所を取るので、あまりお勧めはしません。ケージに入れる場合は、「サイレントホイールBIG」とトンネルとのすき間が狭くなりすぎないように、ホイールをケージの横幅が狭い辺のほうに固定してあげるのがいいと思います。
ハリんちではテストをしていないのですが、Mサイズは径110×長さ200mmなので、ちょうどいいかもしれません。ただ、上の穴のサイズはLサイズでちょうどいいようにも見えます。
上の穴からトンネルの外に登って出てきたり、この穴から顔を出したりとかわいらしかったりはするのですが、Lサイズはいかんせん大きすぎるかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です