小さいケージはどのくらい小さい?その1「ルーミィ60 ベーシック」

ハリネズミのケージ「ルーミィ60 ベーシック」

ハリネズミ用のケージはなるべく大きめ(広め)のほうがいいと思いますが、市販品には、飼い主の住宅事情などに合わせた小さめのサイズもあります。そこで今回は2回に分けて、「ルーミィ60 ベーシック」(三晃商会)と「マルチプレイス」(マルカン)を、ハリんちでメインで使っている「シャトルマルチ70」(三晃商会)と比較しながら紹介します。まずは「ルーミィ」の紹介です。

動画版レビューもあります

ほぼ同じ内容ですが、動画版もつくりました。


ルーミィ60 ベーシックの基本情報

ハリネズミ用ケージ ルーミィ60 ベーシックの外観


三晃商会の「ルーミィ」シリーズは、基本的にハムスター用の透明ケージで、このベーシックだけは横幅がいちばん大きいため、対象飼育動物にハリネズミが含まれています
参考 ルーミィ60 ベーシック三晃商会WEBページ サイズはW620×D450×H315mm、価格は8,500円程度です。

パッケージ内容

ルーミィ60 ベーシックの外箱


箱はけっこう大きめです。次に紹介する「マルチプレイス」の箱と並べてあります。

ルーミィ60 ベーシックの内容物

中に入っているのはケージ上部パーツ、下部パーツ、扉パーツの3つだけです。

使い方

ルーミィ60 ベーシックの組み立て方


上部パーツと下部パーツを重ねて、扉パーツをパチンとはめ込んだら完成です。

ルーミィ60 ベーシックのロック方法


上部パーツと下部パーツは左右にあるプラのストッパーを下ろしてパチン。これでロックできます。

ルーミィ60 ベーシック上部ワイヤーを開けたところ


上部パーツにはワイヤーがついていて、ここを開けて上からお世話もできます。

ルーミィ60 ベーシック側面の穴


左右には給水ボトルを設置できそうな穴がついていますが、ここに給水ボトルをつけても高すぎて飲めません。これはどうやらハムちゃん用のトンネルを設置する穴のようで、ハリちゃんには使わないですね。
注意
この穴からパネルヒーターのコードを通すと便利、と考えることもできますが、ヒーターをケージの中に敷く場合、ハリちゃんの低温やけどに注意してください。ハリんちでは電気毛布をケージの下に敷いて使っています。

ハリちゃんたちが入ったときの広さ

ルーミィ60 ベーシックに入るハリネズミ


ハリんちの2カ月の子2名に入ってもらいました。「サイレントホイール フラット 30」は入らないのでホイール以外のハウスなどを入れました。ホイールが入っていないので狭すぎる感じはしないと思いますが、ホイールがないと運動不足になりますので、不十分な状態です。

三晃商会のページには、「サイレントホイール フラット 21」「サイレントホイール フラット 25」が取り付け可能と書いてありますが、正直21cm径、25cm径のホイールはハリネズミ用としては小さいです。少なくとも6カ月以上の成熟した子は乗りにくくてNGです。

ハリネズミ用ケージ シャトルマルチ70に入るハリネズミ


こちらはハリんちでふだん使っている「シャトルマルチ70」のレイアウト。左上のい空いたスペースに丸ごとホイールが入るので、狭すぎず、広すぎずという感じです。もちろん、これよりもっと広いケージを設置できるのであればそれに越したことはないと思います。

「シャトルマルチ70」と並べて置いた感じ

ルーミィ60 ベーシックとシャトルマルチ70を縦に並べて置いた様子


今度はルーミィとシャトルマルチを縦に並べて置いてみました。一回り二回り小さいことがわかってもらえると思います。

総評:やっぱり厳しい

やっぱりスペースが狭すぎます。何より30cm径のホイールが入らないので、十分な運動ができず、体調に影響しないかと心配になります。何日か、何らかの事情でいてもらう場所ならいいと思いますが、普段使いはできないと思います。

住宅事情でケージを置く場所が確保しにくいという方も、大切なパートナーであるハリちゃんのために、お部屋を工夫して横幅700mm以上、高さ400mm以上のケージを置けるようにしてほしいと思います。

ハリんちのバー店舗では、自宅からの応援組やお客様がお連れになった子など、一時的にいてもらう場所として置いてあります。実物でその大きさを確かめていただくことも可能です。

その2はマルチプレイス

同じく小さめのケージ「マルチプレイス」(マルカン)もレビューしました。併せてどうぞ。

ハリネズミのケージ「マルチプレイス」 小さいケージはどのくらい小さい?その2「マルチプレイス」

関連記事

ハリんちがメインで使用している「シャトルマルチ70」(現在はリニューアルして「シャトルマルチ70R」)について解説した記事はこちらです。

ケージは大きいほうがいい? 小さくてもいい? 番外編として「折りたたみソフトケージ」(アイリスオーヤマ)も紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です