小さいケージはどのくらい小さい?その2「マルチプレイス」

ハリネズミのケージ「マルチプレイス」

ハリネズミ用の小さめケージレビュー、その2は「マルチプレイス」(マルカン)です。小さいケージでもハリちゃんを快適に飼育できるでしょうか? ハリんちで使っている「シャトルマルチ70」(三晃商会)と比較しながら検証します。

動画版レビューもあります

ほぼ同じ内容ですが、動画版もつくりました。


その1はルーミィ60 ベーシック

同じく小さめのケージ「ルーミィ60 ベーシック」(三晃商会)もレビューしています。併せてどうぞ。

ハリネズミのケージ「ルーミィ60 ベーシック」 小さいケージはどのくらい小さい?その1「ルーミィ60 ベーシック」

マルチプレイスの概要

ハリネズミのケージ「マルチプレイス」外観
マルカンの「マルチプレイス」は“ハリネズミ飼育の入門ケージ”という位置付けの、小型ケージです。
参考 マルチプレイスマルカン W557×H395×D240mmと、前述のルーミィよりさらに一回り小さいサイズです。標準小売価格は5,000円(税別)となっています。

パッケージ内容

ハリネズミのケージ「マルチプレイス」内容物
中に入っているのはケージ上部パーツ、下部パーツと上下パーツの留め具2点、給水ボトル、餌皿です。

使い方

ハリネズミのケージ「マルチプレイス」組み立て方
上下パーツをはめて、左右に留め具を差し込んでねじって固定です。個人的にはこの留め具、掃除するときにどこかに行ってしまいそうであまりうれしくないです。

ハリネズミのケージ「マルチプレイス」上部ワイヤーを開けたところ
上部パーツにはワイヤーがついていて、ここを空けて上からお世話できます。逆に、上下パーツを固定した状態でお世話ができるのはここからだけです。

ハリネズミのケージ「マルチプレイス」付属の給水ボトル
給水ボトルがついていて、上部パーツの穴から通すだけで設置可能です。これは便利ですが、給水ボトルから水を飲まない子もいるので注意が必要です。

また、この給水ボトル口には小さい穴が隣接していて、これは「ヒーターコード口」と説明があります。ケージ内にパネルヒーターを設置できるということですが、ヒーターがハリちゃんに直接触れると低温やけどの危険性がありますので、あまりおすすめしません。

ハリちゃんたちが入ったときの広さ

ハリネズミのケージ「マルチプレイス」にハリネズミが入った様子
ハリんちの2カ月の子2名に入ってもらいましたが、すごく狭い!もちろん、ケージの中にものを入れなければある程度のスペースは確保できますが、ハリんちで使っているハウス、砂場、給水器、へちまを入れたらもう全然動きまわるスペースは残ってません
当然ホイールも入らないので、ここで暮らす子がいると思うとかわいそう。“入門編”という表現は不適切だと思いました。

ハリネズミ用ケージ シャトルマルチ70に入るハリネズミ
こちらは再掲ですが、ハリんちで普段使っている「シャトルマルチ70」での様子です。

「シャトルマルチ70」と並べて置いた感じ

ハリネズミのケージ「マルチプレイス」と「シャトルマルチ70」の大きさ比較
シャトルマルチと縦に並べて置いてみたところです。よく言えばコンパクトですが、小さすぎます。ハムちゃんならいいと思いますが…。ハリちゃんには厳しいと思います。

総評:こちらは特に厳しい

前編で紹介したルーミィも狭かったですが、マルチプレイスはさらに狭いです。このケージでハリちゃんを飼育するのは絶対におすすめしません

ハリんちのバー店舗では、自宅からの応援組やお客様がお連れになった子など、一時的にいてもらう場所としてこの2つを置いてあります。実物でその大きさを確かめていただくことも可能です。

関連記事

ハリんちがメインで使用している「シャトルマルチ70」(現在はリニューアルして「シャトルマルチ70R」)について解説した記事はこちらです。

ケージは大きいほうがいい? 小さくてもいい? 番外編として「折りたたみソフトケージ」(アイリスオーヤマ)も紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です