ハリネズミ姫ちゃんの性格・特技・ダイエット

ハリネズミ姫ちゃんの性格・特技・ダイエット

ハリネズミも十人十色、いろんな性格の子がいます。今回紹介するのは7名の女子のお母さんであり、バー店舗でもお客さんからかわいがってもらっている、3歳6カ月(執筆当時)の姫ちゃんです。

YouTube版があります

動画版は姫ちゃんの魅力が詰まっています。ぜひご覧ください。


エンジンがかかるのに時間がかかるタイプ

ハリネズミの姫ちゃん
姫ちゃんは昔から基本的にのんびり屋。動きも少しゆっくりめです。一度呼ばれたぐらいでは(気付いていても)動いてくれないことも多くて、何度か呼びかけてやっとムクッと顔を上げる、なんてことも多々あります。

かといって、一日中寝てるわけじゃありません。起きてテンションが上がってきたら、勝手にチョロチョロしたりへちまをかぶったりして遊んでます。要するにエンジンがかかるまでに時間がかかるんですね。低血圧とかなのかもしれません。

触ろうとするとフシュるけど抱っこしても丸まらない

ハリネズミの姫ちゃんを抱っこ
姫ちゃんに限らず、ハリちゃんを抱っこするとき、飼育員は手を見せながら話しかけ、抱き上げるよということを数秒間伝えます。その時、頭のすぐ上ぐらいの高さに手があるときは特に、高確率でフシュ声を出します。

でも実際抱き上げても丸まったりはしません。本望ではないがしぶしぶ許すといったところでしょうか。抱き上げるとすぐ「帰るわ」という感じで逃げようとしますが、抱っこ中にミルワームを見せると食いつきます。

抱っこされてパニクる子はこういうとき、大好きなおやつをあげようとしても受け付けてくれないので、抱っこが大嫌いというわけではないんだろうな、と考えています。

諦めが早いタイプ

積極的な娘たちとハリネズミの姫ちゃん
いろんな子を育てていると、ごはんやおやつのアピールをしつこくする子、そうでない子がいることに気付きます。姫ちゃんの場合は後者、くれないんだなと判断するとすぐ寝床に退散するタイプでした。

子育てをしていた頃も、元気あふれる娘たちが前に前に出てくると、自分は後ろに下がることが多かったです。引っ込んで寝てしまったこともありました。

でもそれはもう過去の話です。

女子3人暮らしで変わってきた

ハリネズミの姫ちゃんと咲ちゃん、いちごちゃん
姫ちゃんは1年ほど前からバー店舗で咲ちゃん(2歳)、いちごちゃん(2歳1カ月)と広いスペースで3人暮らしを始めて今に至ります。

このトリオ編成になってから、諦めの早い性格が少し変わりました。他2名に先を越されないように前に出て来たり、他の子と歩調を合わせて飼育員を追いかけたりするようになったのです。

自分の娘たちには引っ込み思案だった姫ちゃんが、なぜ血縁のない女子(咲)と孫(いちご)と暮らして変わったのでしょうか。

協調型の咲ちゃんを見て許容することを覚えたのか。あるいは単に、同居人たちが大人同士で呼吸が合うからなのか。理由は不明ですが、うまくやってくれています。

こっちを見てすごくアピールする

こっちを見つめるハリネズミの姫ちゃん
女子3人暮らしになって、姫ちゃんはアイコンタクトも上手になったように思います。ごはんやおやつがほしいことを伝えるため、以前よりもしつこく、飼育員をまっすぐ、目に力を入れて見つめるようになりました。時にはわざわざホイールに乗って、回さずにホイールの上に立ってこっちを見つめたりもして、笑わせてくれます。

昼間、ちょっと音がしたなと思って飼育員がそちらを見ると、姫ちゃんがこっちをじっと見ているという幸せな出来事も多々あります。

寝言?を言う

姫ちゃんは寝ているときや抱っこされているときに高い声で「ミャァ」と鳴きます。1歳を過ぎた頃から現在(3歳半)に至ってどんどんその頻度が上がっています。

病気の可能性も疑いましたが、過去の健診では特に異常は見あたらず。もしかしたら、健康な範囲で気道や喉が狭いのかもしれません。

いずれにせよ、今のところ姫ちゃんのかわいい個性のひとつです。

ダイエットに苦戦

ハリネズミの姫ちゃんの体重測定
姫ちゃんは生後約2カ月のお迎え当時から少し横幅が広めで体格がいいタイプでした。日を追うごとにどんどん大きくなり、ムチッとしたボディとノーマルパイドのぶち模様がチャームポイントのお嬢様になりました。

ただ、去年から500gの大台に乗ってしまい、チャームポイントなどと言ってられない状況です。なんとかダイエットしてほしくてあれこれと試みていますが、なかなかうまくいきません。

運動を増やすための試みのいくつかは、毎日けっこう楽しみにしてくれてる行事になりました(その内容は別の記事で書きます)。

でも減りませんね。年齢的なものもあって、多少運動しても追いつかない印象です。

セブンイレブンのカット野菜が活躍

セブンイレブンのコールスロー
苦肉の策として少量の野菜(コーン、キャベツ、にんじん)をハリネズミフードの前にあげて咀嚼時間を稼いでから、少なめにしたフードを食べてもらうようにしています。単純にフードを減らすとストレスになるだろうということで、食べるのに時間がかかる野菜をあげることにしたのです。

使っているのはセブンイレブンの「コールスローサラダ」。

ダイエット用に取り分けたサラダ
コーン2粒、キャベツの千切り5~6本、にんじんの千切り5~6本ぐらいを朝夕取り分けてあげて、残りは飼育員がおいしくいただきます。
※写真はコーンのみ3人前取り分けています

食塩が添加されています
コールスローサラダに添加された食塩量
食塩が添加されていますが、与えている量から計算すると0.01g以下になります。成猫の塩分摂取量が0.5g以下(WHO基準から計算)なので問題ないレベルと判断しています。
これをそのままあげると、コーンだけ食べておしまいになってしまうことが多かったので、バイタルアッププラスを軽く振りかけて、手でもみこんで味付けしてあげたところ、3名のうち姫ちゃんだけが野菜大好きになりました。
バイタルアッププラス

他の2名はスンスンしてこっちを見て「これちゃうで」という表情をして立ち去ります(笑)。のんびり屋の姫ちゃんが唯一誰にも邪魔されず楽しめる副食です。

子宮摘出後も相変わらずマイペース

ハリネズミの姫ちゃん
3回の出産で7名の女子を産んでくれ、孫もたくさん生まれました。子宮内膜の過形成により、子宮全摘の手術で苦労させてしまいましたが、なんだかんだで毎日そこそこ自由に楽しく過ごしてくれているようです。

この調子で4歳5歳6歳と長生きしてほしいなと思います。

関連記事

性格やふれあい方についてはこちらの記事もどうぞ。
ハリネズミの多頭飼い、同居できる子たちの性格 多頭飼い、同居できる子たちの性格 ハリネズミ、人に慣れる子と臆病な子 人に慣れる子と臆病な子 ハリネズミの部屋暮らし(床での飼育)―ケージ飼いとの違い 部屋暮らし(床での飼育)―ケージ飼いとの違い ハリネズミの部屋んぽ(室内でのお散歩)ガイド―注意点とグッズ紹介 部屋んぽ(室内でのお散歩)ガイド―注意点とグッズ紹介 ハリネズミが「慣れる」には?わかったこと&やってみたこと ハリネズミが「慣れる」には?わかったこと&やってみたこと ハリネズミの「かわいい」「かわいくない」13のポイント ハリネズミの性格はいろいろ!7匹の実例 ハリネズミはなつく? 距離を縮めるためのステップ―基本的な付き合い方3 丸まって嫌がるハリネズミ ハリネズミがキライなこと―基本的な付き合い方2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。