おちんちんが腫れた元気くん、動物病院へ

おちんちんが腫れたハリネズミ男子、動物病院へ

ハリネズミの男の子は、いわゆるちんペロ(自慰行為)をします。おちんちんは全体的に湿り気があって毛などの保護もありませんので、ケージのごみなどがくっつきやすいです。今回、それで雑菌が付いておちんちんが腫れてしまった元気くん(4歳)の症状と診察、治療について紹介します。

少しずつ下痢がひどくなり通院

2021/12/23:朝、粘膜便を発見

前日の夜にしたうんちは特に異常なかったのですが、朝食後にしたうんちの後ろのほう(後から出てきた部分)に粘膜状のものが混じっていました。運動や食欲はいつも通りだったので、注意しつつ見守るという対応を続けました。

2022/1/12:下痢便がひどくなり、通院

1/10は朝から夕方までずっと下痢便で、かなり薄い水様便でした。相変わらず運動や食欲には変化がなかったので、日に日に年齢的なものかもしれないという切なさがつのりました。

ハリネズミが朝ケージ掃除後にしたゆるいうんち
翌日、翌々日と、黄土色のややゆるいうんちが出て、全般的に臭いため、通院して診てもらうことにしました。

病院では、移動中にしたうんちから便検査をしたものの、悪さをする菌は見つからず異常なしという診断。下痢止めの薬を処方してもらい、投薬しつつ様子を見ることにしました。
ちなみにこの時、補助食品の「プロテイン エナジーバイト」(三晃商会)と「バイタルアップ プラス」(Tiny Tot Tail)を使用していることを伝え、成分を見ていただきましたが、獣医さんとしては

獣医さん

問題ないですよ
という判断でした。

この日の診療明細です。
ハリネズミの検便と下痢止め処方の診療明細書

合わない食品のせいとわかり快方へ

元気くんは3歳半ぐらいから、夜ごはんは一気に食べず少しずつ食べるようになりました。そのため、夜はごはんを置いたまま店を出るのですが、1/19の夜に置いていったごはんをかなり残して翌朝(1/20)を迎えていました。置いていったのはFayに下痢止め薬とエナジーバイト、バイタルアップを混ぜたもので、おそらく15粒程度しか食べていません。

下痢止めを使っていても一向に良くならないうえ、ごはんを残したことで、老化によるものなのかもしれないという思いにとらわれ、その先に起こることを想像し呆然としてしまいました。

気を取り直し、Fayがお気に召さなかったのかもしれないということで、Fayと混合(Fay+三晃ハリネズミフード+ひかりハリネズ+Mazuriインセクティボラダイエット)、ハーリーの主食という3皿を用意したところ、少量ですが主食をいちばん食べたので、主食を置いておきました。

すると1/20夕方、小皿はほぼ空に。夜は念のため下痢止め薬をシリンジで投薬してから主食をあげたところ、一気に完食しました。

2022/1/21:なんと健康なうんちが出ていた

翌朝早朝5時過ぎ、不安な気持ちを抱えつつ元気くんのケージを見ると、なんと焦げ茶の健康なうんちが出ていました。

ハリネズミが夜中にした健康なうんち
ハリネズミの消化管通過周期は12~16時間というのが通説なので、昨日の朝置いた主食のうんちです。

この時にやっと気付きました。犯人は「プロテイン エナジーバイト」だったのです。これまでのフードにあって昨日の朝のフードにないもの、それはエナジーバイトとバイタルアップです。そのうち、バイタルアップのほうはこれまで何度も使っていて問題が起きたことはなかったので、ごく少量しか混ぜていなかったものの、エナジーバイトが体に合わなかったのでした。

完全な健康うんちばかりに変わっていたためほぼ確信していましたが、その後、下痢止め薬もエナジーバイトも入れずにごはんをあげたところ、下痢便はピタッと止みました。
ちなみに、他の子で「プロテイン エナジーバイト」を入れたせいでこうした症状を呈した子はいませんし、前述の通り獣医さんとしても成分上問題があるわけではないので、あくまで個体差として体に合わなかったと考えています。

治りかけでおちんちんが腫れた

一件落着し、元気くんが元気でいることのありがたさ、愛おしさを改めて感じたのですが、今回は続きがあります。うんちの様子はとてもよかったのですが、数日、ケージの中をあまり汚さなくなっていたのです。

2022/1/24:何か太いものがある

うんちの状態が回復して3日後、砂場で鎮座する元気くんを見ていたときに、足の間に足よりも太いものがあることに気付き、抱っこしてお腹を見てみたところ、おちんちんがすごく腫れていました。

ハリネズミの腫れたおちんちん1
ハリネズミの腫れたおちんちん2
ハリネズミの腫れたおちんちん3

レントゲンで診断

すぐに通院し、獣医さんも腫れがひどいことを鑑みてレントゲン検査をしてもらいました。
ハリネズミのレントゲン画像

画像診断をしてもらったところ、

獣医さん

尿道管のつまりなども心配しましたが現状問題ありません。臓器の腫れや圧迫なども今のところ見られません。
レントゲン画像は、黒いところがガス(少しありますが正常範囲内)、腫れている陰茎は画像の腹部下、出っぱなしではなく中に収めることもできるようなので、腫れが引くまでは、出ていたり引っ込めたりになるでしょう。
現状疑うのはばい菌が入ってしまったことによる炎症です。抗生剤処方でだんだん腫れが治まると思います。
次に疑うのが腫瘍ですが、触診でも違和感はないので、現時点では可能性は低いと思います。
とのことでした。また、下痢が止まったことについては、

獣医さん

うんちはやわらかくなったり通常の硬さに戻ったりが少しあるかもしれませんが、お腹の調子は良さそうですね。
とおっしゃっていました。

この日の診療明細です。
ハリネズミのレントゲンと画像診断、抗生剤処方の診療明細

投薬により約3日でほぼ回復

抗生剤を朝晩飲んで、翌朝1/25にはもう調子が良さそうな兆候が出てきていました。3日後の1/27には食事、運動、呼びかけへの反応などが絶好調の時と同等に戻り、ほぼ完全に回復した印象でした。腫れもかなり引きました。

腫れが収まったハリネズミのおちんちん

1/27は別の子の通院があったので、先生にこのことをお話ししました。

獣医さん

年齢的に少し軟便が長引くかと思いましたが、薬が切れても通常便はうれしいですね。ひとまず回復と見ていいでしょう。陰茎については、回復しても来週の月曜(1/31)までは抗生剤飲ませるようにしてください。
とのことでした。

なぜ腫れたのか?

これは飼い主の推測ですが、今回おちんちんが腫れてしまった経緯はこんなところかと思います。

  • 下痢が続き体力・免疫が低下していた
  • 下痢中、ケージ内に下痢便が付着する中ちんペロをした
  • おちんちんに下痢便が付いてしまい、免疫低下中ということもあり炎症を起こした
いろいろありましたが、まずは回復してくれてよかった…
というお話でした。

病気関連の記事

ハリんちで経験したハリネズミの病気についての記事です。併せて参考になれば幸いです。

ハリネズミが起き抜けにふらつくのは病気? 検査と診断 朝起きるとふらついてる…大吉くん通院記 ハリネズミの難産―逆子、死産、母体の危険 コロちゃんの難産:3日間に渡った出産、死産、母体の危険 ハリネズミの闘病記|良性腫瘍の切除、腎臓病由来の重度貧血、突然のお別れ 蕾ちゃんの闘病記:良性腫瘍の切除~腎臓病由来の重度の貧血、突然のお別れ ハリネズミの病気:原因不明の後ろ脚麻痺 健太郎くん闘病記:後ろ脚麻痺・最期の六日間 ハリネズミの皮膚トラブル:夏場の肌の乾燥 ハリネズミの皮膚トラブル:夏場の肌の乾燥 ハリネズミ蕾ちゃんの皮膚トラブル!かゆくて傷に | 子育て&成長日記32 健太郎くんの軟便―ハリネズミの子育て&成長日記28(シーズン2) 三太郎の“消えたシッポ”-ハリネズミの子育て&成長日記19(シーズン1.5)-
ハリネズミの病気と「保険」|2社の保険商品に入っていたらどうなった? ハリネズミの「病気」と保険|ハリんちの通院実績と内容ご紹介
ハリネズミを診てくれる動物病院リスト:大阪市近郊編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。