ハリネズミのフード選び3つのポイント

ハリネズミのフード選び3つのポイント

ハリネズミ用のフードはいろんな種類があってどれを選んだらいいか迷うと思います。ハリんちでは、これまでいろんなフードを試してきた経験から、フード選びのポイントを3つにまとめてみました。あくまでハリんちの見解で絶対ではありませんが、情報として参考にしてください。

ポイント1:食いつき

まず、フード選びの3つのポイントを先に発表してしまいます。

  1. 食いつき
  2. 成分
  3. 原材料
優先順位もこの順番だと思います。

いちばん大切なのはとにかく「食いつきです。そのハリちゃんが好きなフードを見つけてあげること、これが何を置いてもいちばん大切な飼い主の役目だと思っています。
ハリネズミがフードを食べている様子

突然始まる偏食、そして病中の食欲低下

なぜ食いつきがいちばんなのでしょうか。
ハリちゃんと暮らしていると、ある日突然偏食が始まってしまったとき、病気中に体力をつけてほしいのに食べてくれないとき、本当に困るからです。特に病気になると本来の好みがより出るのか、特に気に入っているフード以外は食べなくなったりもするのです。

そういうとき飼い主は別のフードを用意して置いてみたりするわけですが、もし食べたことのないものだと、口にせず拒否反応を示すこともハリネズミは保守的で慎重。食べたことのないものを警戒することが多いので、そうなってしまったら打つ手がなくなり、途方に暮れます。

元気なときにいろんなフードの味を覚えてもらう

そこで、いつ来るかわからないそういう時に備えて、若くて元気なときにいろんなフードの味を覚えてもらいながら、好きなフードを何種類か見つけておきましょう。細かい成分や原材料よりもまずは食べるかどうか。これは補助食品(ミルワームやゼリー、ミルクなど)にも言えると思います。

新しいフードを食べてもらうときは、いつものフードに少し混ぜてあげるようにします。いつものフードを食べているつもりで新しいフードを警戒せずに口に入れ、好みならその味を自然に受け入れてくれます。新しいフードだけを出したら警戒して食べてくれなかったのに、混ぜて与えてみたらそのおいしさに開眼、以降大好きになるという例を何度も見ています。
混ぜたフード

もちろん、どうやっても苦手なフードもあるでしょう。その判断も若くて元気なときに混ぜて与えて観察し、好みを把握しておくことが大切です。

お試しパックを販売しています

ちなみにハリんちの実店舗では、そうしたフードの好みの判断やいろいろなフードの味を覚えてもらうために使いやすい、小分けのフードお試しパックを販売しています。2020年9月5日現在、メインフード4種類、補助食品1種類を用意していますが、今後もっと増やしていきます。ぜひご利用ください。
ハリんちSHOP―フードお試しパック


ハリネズミ飼育用品販売・オリジナルグッズ販売

ハリんちSHOP STORES.jp店へ

ポイント2:成分

フード選びのポイント、2つめは「成分」です。
ハリネズミは小柄ですがかなり筋肉質な動物です。そのため、いちばん大切な栄養素は筋肉をつくるたんぱく質。一方で肥満から病気になりやすくなるため、脂質は控えめに。そのことから、成分表で重視すべきなのは、高タンパク低脂肪かどうかです。目安としては粗たんぱく質が30%以上、粗脂肪が15%以下といったところです。
三晃商会ハリネズミフードの成分表

ただ、一般的に食いつきがいいのは脂質が高いものだったりします。もし食いつきと粗脂肪のどちらを取るかを悩んだら、ポイント1の通り「食いつきを優先」で問題ないでしょう。

ビタミン・ミネラルの含有量は重要

ハリネズミには骨や神経系の病気が多く、カルシウム、リン、マグネシウムなどの必須ミネラル(体内で生成できないミネラル)やビタミンA・D・Eなどの脂溶性ビタミン(体内に蓄積されるため含有量が大事)が適量含まれているかどうかはとても重要です。
三晃商会ハリネズミフードのビタミン・ミネラルの表示

ハリちゃんは人間と暮らしている以上、野生の食性を再現することは不可能なので、栄養の偏りはサプリ的に補う必要があります。ハリネズミ用メインフードには、そうしたサプリ的側面もあります

ミネラルバランスの重要性

ミネラルバランスがどれほど大切かを理解する例として、必須ミネラルのカルシウムとリンの関係に触れておきます。

ハリネズミがカルシウムを体内に吸収・利用するためには、カルシウム:リンが1.2~1.5:1.0の割合で含まれるのが理想とされています。カルシウムもリンも骨の形成強化に欠かせない栄養素ですが、どちらも過剰摂取はよくありません。

乾燥ミルワームにはおおむねカルシウム:リンが1:10の割合で含まれており、相当アンバランスな状態です。過剰に体内に入ったリンは腎臓が処理して尿として排出されますが、病気などで腎臓が弱っていると血液中のリンが多くなり、血管や骨に悪影響を与えます。
乾燥ミルワーム

補足として、ミルワームの与えすぎは脂肪が多く肥満になりやすいという側面もあり、カルシウム&リンと同じぐらい、あるいはそれ以上に重要です。

ハリネズミ用のメインフード以外のものを食べさせるとき、与えすぎに注意しなくてはならない理由は、主にこうしたビタミン・ミネラルバランスが崩れてしまうからということになります。

もちろん、過剰に反応する必要はないと思います。体内の機能が正常に働いていればある程度は体内で処理してくれますし、ミルワームをはじめとした補助食品は嗜好性が高くハリちゃんも喜んで食べます。メリハリをつけて適量を、飼い主とのコミュニケーションを取るのに活用してほしいと思います。

だから、なにはなくともまずはメインフード

ちょっと大げさな書き方になってしまいましたが、要するに、ビタミン・ミネラル摂取については微妙なさじ加減と調整が必要で、それをいち飼い主が完ぺきにこなすのは相当難易度が高いということです。そうしなくてもいいようにハリネズミ用のメインフードがある、と考えましょう。

基本的にはどのフードもそうしたバランスをクリアして混合・ペレット化されているので、ハリちゃんの食べ物は8~9割方はメインフードで完結、残り1~2割はおやつ、がいいのではないでしょうか。

ポイント3:原材料

フード選びのポイント、3つめは「原材料」です。
ハリネズミ用フードのパッケージには、原材料が細かく何種類も列記されていることが多いですが、すべてを細かく確認・理解するのはなかなかしんどいです。
三晃商会ハリネズミフードの原材料表示

そのため、ここでは重要な1点に絞って解説します。
原材料で「〜ミール」「〜フィード」とあるものは、食肉や穀物などの製造・精製過程で出る副産物、クズ肉など、対人間では捨てる部分の飼料のことです。
捨てる部分のため、原料としては安く手に入りますが、不純物の混入や残飯を与えているのかという複雑な気持ちになります。

もちろん栄養価としてはほかの原材料やビタミン・ミネラルのサプリ的添加でバランスが取られていてこそだと思います。気にするか気にしないか、気持ちの問題も大きいです。
なお、消化吸収の面で、ミール類や植物性たんぱく質は、動物性たんぱく質より吸収効率が悪いとも言われています。

動物性と植物性のバランスを見る

ハリネズミは動物性たんぱく質をメインにからだを作り、動物性繊維質(キチン質)で有害物質の体外排出と免疫強化(研究中)をしています。ハリネズミは植物も食べますが、原材料の上位に表示されているもの(=大部分。通常は)が植物由来の場合、本来の食性に対して偏りが生まれることは覚えておくべきと思います。

ただし、ここが難しいところ。ハリんちでの観測範囲内では、食いつきがいいのは植物性の原材料が多いフードなのです。そのため、ハリんちでは日頃から動物性メインと植物性メインのフードを混ぜて与えていて、総量的に若干動物性が多くなるようにしています。

関連記事

ハリちゃん用のフードや補助食品はけっこうたくさんあります。ハリんちでもいろいろな製品をレビューしていますので、よろしければご覧ください。

メインフード(主食関連)

エサ(1)メインフードの選び方 エサ(3)メインフードの選び方 その2 エサ(4)メインフードの選び方 その3 ハリネズミのメインフード「Fay」レビュー メインフード「Fay」レビュー|14匹の試食動画つき Mazuri Insectivore Diet(マズリ インセクティボラ ダイエット)レビュー メインフード「Mazuri Insectivore Diet(マズリ インセクティボラ ダイエット)」レビュー ハリネズミフード Fラボハリネズミ レビュー ハリネズミフード Fラボハリネズミ レビュー

おやつ関連

エサ(2)補助食品は必要? チキンのおやつ4製品|食いつきレポート! 閲覧注意|ハリネズミのジャイアントミルワームレビュー 【閲覧注意】ジャイアントミルワームレビュー

フードの店頭&ネット販売もしています

ハリんちでは実店舗の店頭とネット通販でフード各種を販売しています。ぜひ覗いてみてください。
ハリネズミ飼育用品販売・オリジナルグッズ販売


ハリんちSHOP STORES.jp店へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です