朝起きるとふらついてる…大吉くん通院記

ハリネズミが起き抜けにふらつくのは病気? 検査と診断

バー店舗で見習いとして暮らす、お鼻のブチが特徴のパイド男子、大吉くん。4カ月頃から店舗で暮らし始め、6カ月を過ぎた頃から朝フラフラとバランスが取れないような動きを見せるようになり、動物病院を受診、診断結果が出て現在に至るまでのお話です。

今回は、後々因果関係が出てくる可能性もあるので、ふらつくようになるはるか前、お迎えのときに遡って、当時の通院から順に振り返ります。

長距離移動が引き起こした鼻炎

大吉くんはハリんちで生まれた子ではなく、とある縁で引き取りメンバーに加わった子。
後で知ったことですが、引き取りの経緯に問題がありました。大吉くんのママは3歳3カ月の高齢出産のため、2019年11月25日にベビちゃんたちを出産後、産後37日目の12月31日に亡くなってしまったのです。また、2020年1月8日、月齢約1カ月半と幼いうちに極寒の時期に車で兵庫から大阪へと長距離移動させてしまったのもよくなかったです。
お迎え当日のハリネズミ大吉くん

そのような状況でハリんちに来た大吉くん、その日から早速鼻からピューピューと異音が出ていて、くしゃみもしていました。また、ごはんを食べるスピードが遅いのも気になりました。

1日様子を見ても症状が変わらないため、お迎え3日目の1月10日動物病院を受診。

獣医さん

ハリネズミは環境が変わると鼻を鳴らすことが多いですよ
と告げられたものの、ハリんちでこれまで何匹も小さい子の成長や里子を見てきて、そんな例はありません。獣医さんのこの診断には正直不信感が募りました。

獣医さん

鼻炎という可能性もあるので、吸入しておきましょう。しだいにおさまると思います
ということで、吸入をしてもらい帰りました。
ハリネズミ大吉くん1月10日の診療明細書

この日の通院以後、少しずつ症状がよくなっていき、1月16日、1月23日と3回通院して吸入、完治しました。
原因は長距離移動で鼻炎になった、これでまず間違いないでしょう。

ハリネズミ大吉くん1月16日の診療明細書
治療中、1月18日の大吉くん
ハリネズミ大吉くん1月23日の診療明細書
完治後、2月6日の大吉くん

大吉くんは鼻炎の回復に伴ってみるみる元気になり、ハリんちの環境、飼い主にも慣れて、手に乗ってくれたりもするようになりました。

その頃の様子はYouTubeでご覧いただけます。


4カ月で店舗暮らしに。2カ月ほど経ち異変が

約4カ月となった3月23日、店舗で暮らしていたカルビちゃんを交配・出産のため自宅に帰省させるタイミングで、入れ替わりで大吉くんには店舗暮らしをしてもらうことにしました。
この時点では、今回の主題、フラフラの症状は出ていませんでした。

フラフラするなあと感じ始めたのは6月ごろ、店舗で暮らし始めてから2カ月が過ぎた頃からです。

朝、ケージの掃除でケージワイヤーを外すとムクっと起き上がるのですが、バランスが取れずコテっと転んでしまうのです。最初に見たときはたまたまかと思いましたが、毎日そんな様子で、起きて少し経っても経っている時に体がフラフラ左右に揺れ、バランスをとりにくそうにしています。

その様子を動画に収めてあります。


もしかしたらふらつき症候群かもしれない。怖くなりました。まだ6カ月なのに。

動物病院で血液検査

病院に連れて行ったのは6月19日。1月に診てもらった先生とは別の先生を指名しました。
しっかりと調べるため、レントゲンと血液検査を実施。

獣医さん

レントゲンからは骨格などには異常は見られず、キレイですよ
と診断されました。部屋んぽでの歩き方、足の返しも大丈夫そうとのこと。
血液検査のほうではひとつ、腎臓の数値が引っかかりました。
ハリネズミ大吉くん6月19日の血液検査結果

ただ、先生は

獣医さん

まだ6カ月になったばかりなので、1度の検査では身体的な異常なのかなんとも言えないですね。
まだ大人になりきっていないうちは、その日の水分量や血液を採取した時間も検査結果に影響してきます。
今日はいったんここまでにして、いつものように生活してまた2週間後にその数値だけ見てみましょう
ということになりました。
ハリネズミ大吉くん6月19日の診療明細書
病院の診察室で寝ているハリネズミ大吉くん

もう一度血液検査

次に受診したのは7月17日。先生に言われていた2週間よりも受診が遅くなってしまいました。
再び血液検査をしました。その結果は、すべて正常値。
ハリネズミ大吉くん7月17日の血液検査結果


獣医さん

今回正常値なので、問題ないでしょう
と診断されました。部屋んぽのときの歩き方を改めて見てもらったところ、

獣医さん

よろっとするのは人で言ったら低血圧なのかもしれないですね。動き始めたら普通に動く走るので、エンジンかかるまでの血流の問題なのかな
とのことで、レントゲンと血液検査から異常が見当たらないことから、病気とは診断されませんでした。

また、1月の通院理由の鼻も診てもらいました。

獣医さん

多少フガフガしているのは気になりますが、今のところ異常は見当たらないので、大吉くんの鼻の造りの問題だと思います。鼻炎も今はないですよ
とのことでした。

獣医さん

ただ、形状的に問題がある場合、鼻水をよく垂らしてたり本人がひどそうにしてたりしたら、すぐ連れてきてください
とも添えられました。
ハリネズミ大吉くん7月17日の診療明細書
7月20日、店舗でキメ顔のハリネズミ大吉くん

異常はなくてよかったものの、モヤモヤも残る

今回、ざっくり言うと単なる低血圧で基本的に健康そのものという診断結果になりました。
深刻な病気ではないとわかってホッとした反面、フラフラはそのまま続いているので、大丈夫かなと思う気持ちも残っています。

異常が見つかったらあれこれ考える前にまず病院、これは鉄則です。ただ、今回のように解決しないものもあり、つくづくハリ飼い道は奥深いと思います。

病気関連の記事

ハリんちで経験したハリネズミの病気についての記事です。併せて参考になれば幸いです。

ハリネズミの難産―逆子、死産、母体の危険 コロちゃんの難産:3日間に渡った出産、死産、母体の危険 ハリネズミの闘病記|良性腫瘍の切除、腎臓病由来の重度貧血、突然のお別れ 蕾ちゃんの闘病記:良性腫瘍の切除~腎臓病由来の重度の貧血、突然のお別れ ハリネズミの病気:原因不明の後ろ脚麻痺 健太郎くん闘病記:後ろ脚麻痺・最期の六日間 ハリネズミの皮膚トラブル:夏場の肌の乾燥 ハリネズミの皮膚トラブル:夏場の肌の乾燥 ハリネズミ蕾ちゃんの皮膚トラブル!かゆくて傷に | 子育て&成長日記32 三太郎の“消えたシッポ”-ハリネズミの子育て&成長日記19(シーズン1.5)-
ハリネズミの病気と「保険」|2社の保険商品に入っていたらどうなった? ハリネズミの「病気」と保険|ハリんちの通院実績と内容ご紹介
ハリネズミを診てくれる動物病院リスト:大阪市近郊編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です